白髪染めをしてみよう

パッチテストで問題がなければ、早速白髪染めをしてみましょう。

白髪染めに必要なものは、鏡、時計、ティッシュペーパー、新聞紙、ケープ、コールドクリーム、ヘアクリップ、ビニール手袋、輪ゴム、タオル、前開きの服、ヘアカラー用のコーム、あればイヤーカバーなどです。

白髪染めを始めてしまうと身動きが取れなくなってしまうので、最初に準備しておく様にしましょう。

まずは、髪の生え際や耳にコールドクリームを塗ります。

白髪染めの薬剤がついても落としやすい様にする為です。

白髪染めの薬剤を準備し、髪に塗布していきます。

髪は乾いている状態に塗っていきますが、ブラッシングをしておくと染めやすいし、染め上がりもよくなります。

塗布していく順番としては、白髪の箇所、生え際など染まりにくいところから塗布していきます。

自然と放置時間が長くなるためです。

放置している時間はしっかりとチェックし、液だれしてきたら、すぐに拭き取る様にしましょう。

サランラップを巻くなどすると、色の染まりがよくなります。

放置時間が過ぎたら、髪を洗い流します。

洗い流す前には、手に少量のお水をつけて、薬剤と混ぜ合わす様にして髪にも見込む様にしましょう。

薬剤が水によって乳化され、更に髪に色がきれいに入ります。

シャワーでは色が出なくなるまでしっかりすすぎ洗い流しましょう。

色が出なくなったら、シャンプーをして、トリートメントをします。

最後はしっかりドライヤーで乾かして完成です。