白髪染めの前はパッチテスト

自分で白髪染めをする場合、白髪染め剤に皮膚アレルギーがあるかどうかをチェックする必要があります。

市販の白髪染めには化学成分が含まれており、頭皮がかぶれてしまうこともあるからです。

使用したことのある白髪染めでも突然アレルギー反応が起こることもあるので、パッチテストを必ずする様にしましょう。

パッチテストというのは、白髪染めをする48時間前にします。

使用する白髪染め剤でテストする分を用意します。

一剤と二剤を混ぜる様な場合は、指定の割合で混ぜて作ります。

テスト用の薬剤を綿棒などで腕の内側に10円玉くらいの大きさで塗ります。

30分くらい乾燥させて、乾いていない分は拭き取ってOKです。

塗った日は入浴をさけて、48時間放置します。

塗った箇所の観察をきちんとして、発疹、かゆみ、刺激、水泡など皮膚に異常がないかをチェックします。

皮膚に異常が出た場合は48時間以内であってもすぐに洗い流す様にしましょう。

このパッチテストで異常がなければ、その白髪染めを使用することができます。

普段何もアレルギーがないからと思っていても、どんな成分がアレルギー反応を起こすかということは、体調なども関係していつ起こるかわかりません。

頭皮だけではなく、顔などにもかぶれの症状が出てしまったりする場合もあるので十分注意して、しっかりパッチテストを行う様にしましょう。

ヘアマニキュアなどでは、パッチテストは必要ないそうですが、異常があった場合は速やかに使用を中止しましょう。

参照リンク⇒皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順