自分でチャレンジしたい白髪染め

白髪染めは市販の白髪染め剤を購入して、自分で染めることもできます。

自分で白髪染めをする時の注意点は、自分の髪質、塗布する量、放置する時間、染める場所の温度の四つのポイントがあります。

◆自分の髪質

髪質というのは人ぞれぞれで、髪質によって染まりやすい染まりにくいというのがあります。

染まりやすい髪質というのは、一般的にパーマがかかりやすいなど、髪が細くて柔らかい人になります。

髪の色が茶色くて明るい人ども染まりやすい髪質と言えます。

反対に髪が染まりにくい髪質というのは、パーマもかかりにくく、髪が太くて硬い、黒い髪の人になります。

◆塗布する量

白髪染めをする場合、髪には染まりにくい箇所があることを知っておきましょう。

髪の生え際と白髪の多い部分は染まりにくいので、塗布する量を多めにする様にしましょう。

先に塗布して放置時間を長くすることもお勧めです。

◆放置する時間

放置する時間は白髪染め剤の取扱説明書にも書かれていますが、染まりやすい髪質と染まりにくい髪質では多少時間に差をつける必要があり、染まりやすい髪質の場合は取扱説明書に従って、染まりにくい髪質の場合はやや長めに放置するといいでしょう。

◆放置する場所の温度

白髪染めというのは染めている場所の温度でも染まり具合が異なります。

基本的に取扱説明書に書かれている放置時間は室温が20℃から30℃くらいを想定してありますので、それよりも室温が高い場合は染まりやすいので時間を短めに、それよりも室温が低い場合は染まりにくいので時間を長めに取る必要があります。

白髪染め関連情報サイトご案内⇒http://galveston-hotels-tx.com/